病院のご案内

概要


名称 三重県厚生農業協同組合連合会 松阪中央総合病院
所在地 〒515-8566 三重県松阪市川井町字小望102
開設 昭和36年7月(平成9年4月現在地へ移転新築)
TEL 0598-21-5252
FAX 0598-21-9555
病床数 一般440床
 診療科目(20科) 内科、循環器内科、消化器内科、脳神経内科、精神神経科、外科、整形外科、脳神経外科、胸部外科、産婦人科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、皮膚科、放射線科、放射線治療科、麻酔科、リハビリテーション科、病理診断科
敷地面積 46,562㎡、駐車場750台(内身障者用29台)
建築面積 13,543㎡
延床面積 病院本館 : 31,615㎡、鉄筋鉄骨コンクリート造 地上7階、塔屋2階 付属棟(エネルギー棟2階、車庫棟1階、キャノピー1階): 1,220㎡、鉄骨造
基準 一般病棟Ⅰ群入院基本料1(7:1看護)
指定・認定 病院機能評価認定、労災保険指定病院、救急告示病院、基幹型臨床研修指定病院、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、産科医療補償制度加入機関、災害拠点病院
附属施設 健康管理施設エポック
主要施設 人工透析室(52床)、バイオクリーン手術室、血管造影室、無菌製剤室、 ハイケアユニット(12床)、無菌治療室(バイオクリーン2床、クリーン4床、セミクリーン5床)、化学療法室(センター)
主要機器

循環器アンギオ装置1台、頭腹部アンギオ装置1台、放射線治療装置(IMRT)2台、結石破砕装置1台、CT 2台、MRI 2台、X線シミュレーター1台、PET-CT1台

沿革

昭和36年7月 一般132床、結核80床、合計212床に開院 院長 波利井清一
昭和37年6月 総合病院の承認受ける。中央総合病院に名称変更
昭和38年3月 一般215床、結核78床、合計293床に増床
昭和45年1月 病棟増築により一般50床を増床し、一般265床、結核78床 合計343床
昭和45年1月 人工透析開始
昭和49年1月 竹内藤吉院長就任
昭和51年5月 管理棟完成し、一般50床増床し、一般315床、結核78床 合計393床
昭和51年5月 内容変更により結核78床のうち40床を一般病床とする
一般355床、結核38床、合計393床
昭和52年1月 臨床研修病院指定を受ける
昭和52年5月 小児科外来増改築完成
昭和52年6月 名称を中央総合病院から松阪中央総合病院に変更
昭和53年4月 結核38床を一般病床に変更及び4床増床(ICU 2床・CCU 2床)し、一般病棟のみで397床
昭和53年7月 管理棟5階を内容変更し、人工透析を24床とする
昭和56年3月 鉄筋コンクリート5階建が完成、一般病棟92床増床し、合計489床
昭和56年3月 人工透析室34床
昭和57年5月 既設診療棟の改造と増築診療棟鉄骨2階建て完成によりCTスキャナー室を設置
昭和59年9月 岡林義弘院長就任
昭和60年1月 麻酔科新設
昭和60年11月 医事コンピューターシステム開始(外来、入院)
昭和60年12月 医療用ライナック設置
昭和62年4月 無菌室2室完成
昭和62年4月 RI室移設完成
昭和62年4月 神経内科新設
平成元年7月 体外衝撃波尿路結石破砕装置(ESWL)設置
平成2年7月 精神神経科新設
平成2年7月 MRI磁気共鳴断層診断装置設置
平成7年4月 幸治隆一院長就任
平成9年4月 新病院開院(移転新築)  一般病棟440床
平成9年4月 在宅介護支援センター開設
平成9年4月 リハビリテーション科新設
平成10年11月 訪問看護ステーション開設
平成12年1月 日本医療機能評価機構による一般病院種別B 合格
平成15年8月 世界最高速全身MRI装置(フィリップス社)設置
平成15年10月 医薬分業開始
平成16年 3月 地域医療支援病院承認
平成17年1月 地域がん診療連携拠点病院
平成17年1月 日本医療機能評価機構による一般病院種別B Ver.4再認定
平成17年7月 松阪地区小児救急拠点病院として二次救急医療担当
(24時間365日)
平成18年6月 DPC対象病院
平成18年10月 玉置久雄院長就任
平成19年3月 化学療法室(センター)完成20床
平成19年4月 日本人間ドック学会 人間ドック検診施設機能評価認定
平成21年4月 IMRT対応放射線治療装置導入 放射線治療科新設
平成22年1月 日本医療機能評価機構による一般病院種別 Ver.6再認定
平成23年7月 開院50周年
平成24年2月 災害拠点病院指定
平成24年4月 巡回検診事業の全面委託化
平成24年12月 院内保育施設「ドレミ保育園」新設
平成25年4月 最新MRI装置3.0T導入(Philips Ingenia 3T)
平成25年5月 放射線治療棟増築棟完成
平成25年9月 PHILIPS社製 血管造影X線診断装置導入
平成26年5月 病理診断科開設
平成26年10月 三田孝行院長就任
平成27年1月 日本医療機能評価機構による一般病院2 3rdG:Ver.1.0再認定
平成28年11月 最新PET・CT装置導入

 

 

トップ