ようこそ松阪中央総合病院看護部へ


私たちは自分の受けたい看護を患者さんに提供します

私たちはあたたかい心で、地域の皆さまに安心していただける看護に努めています。当院では入院されますと、原則として受け持ち看護師が看護を担当させていただいております。入院に際して、お気づきの点、ご質問やお困りのことがありましたら遠慮なく病棟師長や担当の看護師にお申し出ください。

看護部長メッセージ

 昨年度は、新型コロナウイルス一色に覆われた一年でした。人との接触を極力避けることが求められ、非対面のリモートワークやオンライン会議などが急速に浸透し、新型コロナウイルス感染症が、これまでの働き方や生活そのものを大きく変えてしまいました。しかしながら、私たち医療従事者は、患者さまとの接触を避けることが不可能です。特に24時間患者さまのベッドサイドでケアする看護師にとっては手で触れて、言葉で伝えて、ケアをしなければなりません。コロナ禍での医療現場は確かに厳しい状況にありますが、正しい知識と技術をもって対応することで、患者さまはもちろん、自らをも守ることが可能といえます。4月に入り第4波が懸念されております。収束まで未だ先の見えない状況ですが、患者さまが安心して治療を受けられるよう引き続き努めてまいりたいと思います。

  さて2021年、新年度がスタートしました。当院でも多くの新採用者を迎えましたが、社会人、医療人、看護師として、その立場を理解しながら役割を果たしていくことでしょう。しかし、コロナ禍で臨地実習が十分に受けられなかった方も多く、そのような状況を考慮し、今年度は新たな内容を加えた教育プログラムを準備しました。新人看護師を支援するためのサポートナースを配置し、一人ひとりを支えていきたいと考えています。

 現在、病院東側奥に5階建ての新棟を建設しておりますが、いよいよ今年度秋に完成致します。1階には救急センター、2階には内視鏡センター、3階には救急病棟、4階には血液浄化センター、5階に健康管理センターが開設します。松阪地域の基幹病院として、安全で安心な医療を提供できるよう、より一層努めてまいりたいと思います。どうぞみなさま、新棟完成にご期待ください。

 

看護部長 濵口早弓


先輩ナースへインタビュー

Interview

松阪中央総合病院 看護部の“知りたい”ことをインタビュー形式でお応えします

 

ナースブログ

Smil Dialy

このブログは、看護部広報委員のみんなが運営してくれます。 看護部のニュースや各部署の元気な様子を紹介しています。