整形外科

診療科の特色

リウマチ疾患、脊椎疾患、関節疾患等、長期的に経過観察が必要な疾患から、骨折、切断肢等、すべての外傷に至るまで、整形外科で扱う疾患のほとんどすべての疾患に対応しています。外来診察、外来手術、入院治療、入院手術、リハビリテーションとそれぞれのスタッフが全力で治療にあたります。頚・背中・腰が痛い、肩・股関節・膝が痛い、手足が痛い、関節が痛い、歩くと足がしびれる、手がしびれるなどの症状でお困りの方は、ぜひ整形外科を受診して下さい。

整形外科で手術を受けられる患者さんへ

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について

研究機関   三重北医療センター いなべ総合病院  整形外科
研究責任者  相田 直隆(院長)

このたび三重北医療センター いなべ総合病院整形外科では、運動器の病気で入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた研究を実施しております。この研究を実施することによる患者さんへの新たな負担は一切ありません。また、患者さんのプライバシーの保護については法令等を遵守して研究を行います。
あなたの試料・情報について、本研究への利用を望まれない場合には、担当医師にご連絡ください。

 

 

診療内容

当科ではこんな病気について診察・治療します。

骨折・外傷全般、手・指・足の切断、脱臼、ねんざ、突き指、靭帯損傷
椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、頚椎症、腰痛症、坐骨神経痛、脊椎分離症、脊椎腫瘍、脊髄腫瘍
スポーツ障害、肩関節周囲炎、肩腱板損傷、膝の靭帯損傷、膝半月板損傷、ばね指、手根管症候群、関節炎
関節リウマチ、骨粗鬆症、骨腫瘍、軟部腫瘍、大腿骨頭壊死
変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性肘関節症
【外来での検査・治療】
単純X線、CTスキャン、MRI、関節造影、骨塩定量、血液検査
投薬、局所・関節注射、静脈注射、装具療法、ブロック療法、リハビリテーション
可能な場合には、伝達麻酔、局所麻酔にて日帰り手術
【入院での検査・治療】
入院にて行う検査・ブロックなどは入院にて行います。
全身麻酔、脊椎麻酔が必要なときには入院の上、手術を行います。
緊急対応
外傷、切断肢、開放性骨折などで直ちに手術が必要な場合は、夜間でも手術を行います。

担当医師

相田 直隆(院長) PROFILE
出身大学:
名古屋市立大学
卒年度:
昭和62年
メッセージ:
ゴルフ
専門領域 ●脊椎
●関節
●小児整形
専門医など ◇日本整形外科学会専門医 ◇日本整形外科学会リウマチ認定医 ◇日本整形外科学会スポーツ認定医 ◇日本リハビリテーション学会登録医 ◇日本整形外科学会脊椎脊髄病医 ◇日本医師会認定産業医 ◇義肢装具等適合判定医 ◇名古屋市立大学大学院医学研究科非常勤講師 ◇医学博士
奥地 裕
(副院長)
PROFIL
出身大学:
名古屋市立大学
卒年度:
平成8年卒

メッセージゴルフ

専門領域 ●脊椎
●手の外科
専門医など ◇日本整形外科学会専門医 ◇日本整形外科学会脊椎脊髄病医 ◇日本整形外科学会リウマチ認定医
◇日本整形外科学会運動器具リハビリテーション認定医 ◇義肢装具等適合判定医
藤原 一吉
(医長)
PROFILE
出身大学:
名古屋市立大学
卒年度:
平成17年卒

メッセージ

専門領域 ●整形外科
専門医など ◇日本整形外科学会専門医
梅村 彦太郎 PROFILE
出身大学:
浜松医科大学
卒年度:
平成26年卒

メッセージ

専門領域  
専門医など  
神田 滋人 PROFILE
出身大学:
三重大学
卒年度:
平成27年卒

メッセージ

専門領域 ●整形外科一般
専門医など  
駒 直樹 PROFILE
出身大学:弘前大学

卒年度:
平成23年卒

メッセージ

専門領域 ●整形外科一般
専門医など 日本整形外科学会専門医

診療実績

実績項目 細分類項目 平成28年1月~平成28年12月実績
骨折観血的整復術 上肢 25
下肢 113
大腿骨人工骨頭 30
軟部組織(軟骨・腱・神経等)損傷の再建術   43
人工関節置換術 股(再置換含む) 22
膝(再置換含む) 39
その他 1
胸腰椎 椎弓形成術 29
椎弓切除術 18
後方または後側弓固定 1
後方椎体固定 38
前方椎体固定 6
腫瘍 軟部腫瘍 9
手根管 鏡視下手根管解放手術 1
その他 その他手術 193