脳神経外科

診療科の特色

  三重北医療センター いなべ総合病院脳神経外科は、新病院の開設とともに新設された診療科です。

 脳腫瘍、脳動脈瘤、脳内出血、脳虚血疾患、頭部外傷、感染症など脳神経外科領域疾患全般 にわたり、検査、診断およびその治療について、このいなべ地域で完結できるよう、原則として昼夜・休日を問わず常時行える態勢をとって診療にあたっています。

 近年、脳卒中に対する治療方法も大きく変化しています。とくに脳梗塞などの脳虚血疾患に対する画像診断は重要であり、核磁気共鳴画像による早期虚血巣の検出が可能となったことにより、時としてマイクロカテーテル操作による血栓溶解術などの治療も可能となりました。

 また、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤を非侵襲的な核磁気共鳴血管画像により検出し、未破裂の段階で治療が可能となりました。脳動脈瘤の治療については、それまでから行われてきた開頭による動脈瘤のクリッピング術に加えて、血管内カテーテル法による動脈瘤のコイル塞栓術が治療の選択肢として加わりました。

 脳内出血については、開頭手術件数は激減しており、血腫の三次元座標をCT計測しておき、小さな穿頭孔から血腫に向かい正確に針を刺入し血腫を吸引除去することが可能となり、この機会が増えています。

 当施設では、それぞれの病態に応じて、それらの治療方法のうち最良のものを選択して治療を行っていきます。

 

診療内容

【脳動脈瘤,脳動静脈奇形】

脳ドックなどにより未破裂脳動脈瘤が偶然発見されることが多くなりましたが、年齢、動脈瘤の大きさ、形状、合併する疾患の有無、部位により直達術、コイル塞栓術などを選択します。脳動静脈奇形の破裂の危険性は前者に比し少ないものの、脳内出血の原因となるため、手術的な摘出術の適応となります。その診断はMRAやDSA診断に加え、特に手術到達法については multi-detector 付き helicalCT による 3D-CTAで検討しています。

【脳内出血】

以前は "外側型脳内出血 30ml以上" というのが開頭血腫除去術の適応でしたが、現在多量出血の頻度は減少し、開頭血腫除去術は減少しました。しかし、CT定位的血腫除去術による穿頭血腫除去術の適応は増加しています。

【脳虚血性疾患】

この1年間の統計では、発症から5時間以内に初期画像診断した患者は4割程度、特に救急車搬送を受けた患者は発症2時間以内に診断した症例が殆どでした。当科では脳虚血疾患患者に対する治療方針を決めて治療しています。初回CT画像で異常がなく虚血疾患を疑う場合には、引き続きMRI/MRA、特に拡散強調画像 (DWI) による病巣の有無・その範囲をチェックします。穿通枝梗塞患者では殆ど適応となることはありませんが、各脳内血管分枝閉塞の場合、血栓溶解術適応となる場合があり、それらは発症からの経過した時間が重要です。分水嶺
(ACA/MCA, MCA/PCA) 梗塞患者では頚部内頚動脈強度狭窄を認める場合があり、内頚動脈内膜剥離術適応となります。心源性の虚血症例もありますが、循環器内科の協力のもと、心エコー他の検査により評価し、治療に繋げています。

【外傷】

急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫や外傷性脳内出血症例では、一刻を争い手術を行う必要がある場合があります。一方、緩徐に症状が出現・進行するものとして慢性硬膜下血腫があります。開頭または穿頭による手術で症状が急激に改善します。

【脊髄・脊椎】

当院整形外科で治療される症例が殆どですが、少なくとも脊髄腫瘍などは当科で扱う疾患と考えています。急速に進行する対麻痺を呈した胸椎硬膜外腫瘍の2症例に対し腫瘍摘出および上下椎への pedicle screw による固定術を行いました。このscrewの刺入点、刺入角については、以前から特殊な3D-CT半透明画像を用いた最良の固定状態を術前シュミレーションする方法をとっています。

【その他】

脳内出血やくも膜下出血後水頭症に対して脳室腹腔シャント術が必要となる場合があります。当科では圧可変式バルブを用いてシャント術を行っており、後に頭皮上からシャント圧設定が変更できるようにしています。

担当医師

嶋津 直樹 (副院長)

PROFILE
出身大学: 名古屋市立大学
卒年度: 昭和57年卒
メッセージ バイク

専門領域 ●脳神経外科一般
専門医など ◇日本脳神経外科学会専門医  ◇日本脳卒中学会専門医  ◇日本脊髄外科学会認定医  ◇日本脳神経外科学会評議員  ◇中部脊髄外科ワークショップ 世話人  ◇名古屋市立大学医学部 臨床教授
◇名古屋市立大学大学院医学 研究科非常勤講師  ◇医学博士
山中 智康 (医員)

PROFILE
出身大学: 名古屋市立大学
卒年度: 平成25年卒
メッセージ

専門領域 脳神経外科一般
専門医など ◇日本脳神経外科学会専門医

診療実績

実績項目 平成28年1月~12月実績
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18
水頭症手術 4
頭蓋内腫瘍摘出術 4
脳血管内手術 4
穿頭脳室ドレナージ術 2
慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 2
減圧開頭術(キアリ奇形・脊髄空洞症) 1
定位的脳内血腫除去術 1
頭蓋内血腫除去術 1
脳動脈瘤頸部クリッピング 1