手術支援ロボット“ダ・ヴィンチ Xi”

“ダ・ヴィンチ Xi”とは


ダ・ヴィンチは、米国インテュイティブサージカル社が開発した手術用ロボットで、は第四世代に当たる最新鋭機 です。現在、日本では消化器癌、泌尿器癌などに適応さ れており、患者さんの身体的な負担が少ない腹腔鏡下手術の特徴を生かしつつ、ロボットの機能による支援に依って、従来不可能とされていた手術操作が可能となり ました。 

1.ペイシェントカート


患者さんに接続する機器です。4本のアームを持ち、1本には精細な高画質の3次元カメラを接続します。残る3本のアームには、術者が操作するロボット専用鉗子を接続します。ダヴィンチXiでは従来の機種よりアーム同士の干渉が少なく、アームの可動距離が長くなったため、より手術がやりやすくなっています。

患者さんに接続する機器です。4本のアームを持ち、1本には精細な高画質の3次元カメラを接続します。残る3本のアームには、術者が操作するロボット専用鉗子を接続します。ダヴィンチXiでは従来の機種よりアーム同士の干渉が少なく、アームの可動距離が長くなったため、より手術がやりやすくなっています。

2.ビジョンカート


ダヴィンチの中枢となる機器です。ペイシェントカートから送られてくる画像からハイビジョン3D画像を作成します。最大14倍までの拡大ズームが可能です。ダヴィンチXiではドイツのエルベ社製の高性能電気メスを搭載しており、出血量減少に役立っています。

3.サージョンコンソール


術者が操作する機器です。術者はハイビジョン3D画像を見ながら自分でカメラを操作し、適切な手術部位を適切なズームで映し出すことができます。3本の鉗子も術者が操作します。自在に動く鉗子は360°以上回転し、手振れも補正されていますので、きわめて繊細な動きが可能です。開腹手術ではもちろん、従来の腹腔鏡手術でも不可能であった複雑で繊細な手術操作が可能になっています。

ロボット・低侵襲手術センター 

平成29年に名古屋市立大学消化器外科学教授の 「竹山廣光教授」 を三重北医療 センターの統括センター長として迎え、さらに平成31年4月に「同大学病院副院長 舟橋医師」が低侵襲手術センター部長とし て就任しました。

経験豊富な医師が、カンファレンスで患者さまにとって最良の治療方針を協議し決定してお ります。当センターにおいては、外科チーム一丸となって低侵襲で傷の小さな腹腔鏡手術を提供します。 

また、同センターには7月よりハイケアユニットを3床整備し、周術期には常時3対1の手厚 い看護を提供。また、がん治療においても専任の薬剤師・看護師と連携し、専門的なチーム 医療を提供します。 

カテゴリー

カテゴリー