薬剤部の理念

安心安全をモットーに、良質な薬物治療をサポートします。


薬剤部の基本方針

  1. 医薬品の適正使用を推進します。
  2. 安全で効果的な医薬品が提供できるよう努めます。
  3. 情報提供を積極的に行い信頼される薬剤師を目指します。
  4. チーム医療に貢献します。

薬剤部の業務

調剤業務

薬剤師が行う業務として一番基本であり、大事な業務であります。医師の処方せん(設計図)をもとにお薬を調合する際、その処方が患者さんに適正に適量が処方されているか監査を行いながら、正確に設計図通り調剤することが薬剤師のスタンダードな仕事です。

院内特殊製剤の調整

消毒薬や点眼薬が主ですが市販されていない薬品で治療上必要な時には、医師の依頼や各科請求のもと製剤室で調製します。

無菌製剤の調整

高カロリー輸液の混合調製をクリーンルームにて行っています。高カロリー輸液とは食事を摂れなくなった患者さんに栄養を供給するための点滴注射薬のことです。また外来・入院での化学療法[抗がん剤]注射薬の処方内容の監査を行い、無菌調製も安全キャビネットで行っています。

薬剤管理指導業務

入院された患者さんのベッドサイドまでお伺いして、処方されたお薬を解りやすく説明し、間違いなくお薬を使用していただけるように、お一人お一人に合わせた指導を心がけています。また指導だけでなく、適正な量、投与方法、タイミング、組み合わせで薬物治療が行われているか、さらに副作用など有害作用がないかもチェックしています。

医薬品管理業務

薬品庫、調剤室はもとより外来、検査、放射線科、病棟、手術室など病院内の薬品の管理(適正な在庫量かつ品質、保管方法、有効期限などチェック)をします。

医薬品情報管理業務(DI:Drug Information)

患者さんや医療スタッフからのお薬に関する問い合わせに対応しています。また厚生労働省や製薬会社などからの情報を整理し、院内メールを通じて素早く医師をはじめとする医療スタッフに提供することで副作用発現防止や安全対策を推進しています。

チーム医療への参加

(ICT:感染対策委員会、NST:栄養サポートチーム、外来化学療法委員会、褥瘡対策委員会、糖尿病教室、緩和委員会、クリニカルパス委員会)

院内の各種委員会へ薬剤師として参加し、チーム医療(医師をはじめとした各医療スタッフと医療活動を共に行うこと)に貢献しています。

カテゴリー

カテゴリー