診療実績

耳鼻咽喉科

対応疾患

急性・慢性・滲出性・真珠腫性中耳炎、耳内異物、急性・慢性外耳炎、耳介血腫、先天性耳瘻孔、突発性難聴、メニエル病、良性発作性頭位めまい症、遅発性内リンパ水腫、急性・慢性副鼻腔炎、鼻副鼻腔良性腫瘍、アレルギー性鼻炎、嗅覚障害、鼻中隔弯曲症、鼻骨々折、吹き抜け骨折、鼻出血、急性咽喉頭炎症性疾患(扁桃炎など)、慢性扁桃炎、声帯ポリープ及び類縁疾患、早期喉頭癌・咽頭癌、唾液腺炎、唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍、頚部のう胞性疾患、顔面神経麻痺、顎関節脱臼、睡眠時無呼吸症候群などに対応しています。

特徴
  • 外来を受診される患者さまが非常に多いため、再診患者さまについては予約制を導入して、出来るだけ待ち時間が少なくできるよう努力しています。
  • 扁桃摘出術や副鼻腔炎の手術など古典的な手術に最新の機械(超音波メス、マイクロデブリッターなど)を導入して出血量の減少、手術の安全化等に努めています。
  • 以前よりいびきの検査(簡易型ポリグラフ)を多数行い、CPAPの処方、マウスピースの歯科への作製依頼、必要あれば手術も行っています。

 

実施可能検査

〈外来〉
簡易型睡眠時ポリグラフ(貸し出し)、標準純音聴力検査、内耳機能検査、語音聴力検査、脳波聴検(ABR)、鼓膜音響インピーダンス、電気味覚検査、静脈性嗅覚検査、鼻汁好酸球検査、耳鼻等単純X線検査、喉頭を除く表在組織の生検、鼻咽喉・副鼻腔入口部・喉頭ファイバースコピー、CT、MRI、耳下腺造影、穿刺吸引細胞診、エコー、頚部リンパ節生検
〈入院〉
喉頭組織生検

実施可能施術

〈外来〉
鼓膜切開術、鼓膜チューブ挿入術、耳介血腫開窓術、先天性耳瘻孔摘出術(成人)、鼻骨々折整復術、鼻内異物摘出術、耳内異物摘出術、鼻粘膜焼灼術、鼻出血止血法、扁桃周囲膿瘍穿刺・切開術、皮膚・皮下腫瘍摘出術(成人)、咽喉頭異物摘出術、下顎骨脱臼徒手整復術、浅在性顎下腺唾石摘出術、舌小帯形成術
〈入院〉
鼓膜チューブ挿入術(小児)先天性耳瘻孔摘出術(小児)鼻内副鼻腔手術、鼻中隔矯正術、鼻甲介切除術、鼻副鼻腔腫瘍摘出術、アデノイド切除術、扁桃摘出術、声帯ポリープ切除術、甲状腺腫瘍摘出術、唾液腺(舌下腺・顎下線・耳下腺)切開摘出術、頚のう頚ろう摘出術

疾患別治療案内
疾患名:慢性副鼻腔炎
疾病部位: 鼻副鼻腔
対応術式: 鼻内内視鏡下副鼻腔手術、鼻中隔矯正術等 
対応体制: 入院
入院日数: 7日~8日
入院大概: 1日目  → 入院 オリエンテーション、手術について説明
2日目  → 手術、点滴
3日目  → 鼻内清掃開始
4日目  → 鼻内清掃、ネブライザー(吸入)、点滴
5日目  → 鼻内清掃
6日目  → 鼻内清掃
7日目  → 鼻内清掃
8日目  → 鼻内清掃
治療費用:  
医師: 耳鼻咽喉科部長 藤田 祐一(指導医)、 耳鼻咽喉科医長 鈴木 慎也(指導医) 
年間実施件数: 50~60件

 

 

トップ