::::

診療実績

眼科

対応疾患

白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜動静脈閉塞症、黄斑円孔、黄斑前線維症、ブドウ膜炎、角膜感染症、アレルギー性角結膜疾患、涙液分泌減少症、硝子体出血、各種眼外傷、斜視弱視、眼瞼下垂、眼周囲腫瘍

特徴

各種眼科手術に対応可能です。
当科では施行できない角膜移植術、加令性黄斑症に対するPDT治療、
流涙症に対する涙道再建術、屈折矯正等については対応可能な医療機関へ紹介します。

実施可能検査

蛍光眼底撮影(フルオレサイト、インドシアニングリーン)、斜視弱視検査 網膜電図(ERG)、視野検査、複像検査、眼超音波検査、角膜内皮検査、OCT

実施可能施術

●各種外眼部手術(霰粒腫、眼瞼腫瘍、翼状片、斜視、眼瞼下垂、涙嚢摘出術等) ●各種レーザー治療(レーザー虹彩切開術、網膜光凝固術、レーザー後のう切開術など) ●新生児鼻涙管開放術、ドライアイに対する涙点プラグ、白内障手術(眼内レンズ毛様溝縫着術も対応可)、緑内障手術、硝子体手術、 網膜剥離バックリング手術。

疾患別治療案内
疾患名: 白内障
対応術式: 超音波水晶体乳化吸引術or嚢外水晶体摘出術+眼内レンズ挿入術、無水晶体眼への眼内レンズ毛様溝縫着術
対応体制: 入院
入院大概:
初診:角膜内皮検査、眼軸長検査を含む眼科検査(全身検査)、手術日の予約。
再診時:手術の説明(出来るだけ家族と一緒に御来院下さい)必要な方のみ
術前チェックの為、内科受診をしていただきます。
入院手術:原則として片眼手術3泊4日、両眼手術7泊8日(土、日含む) 御本人の御希望で短縮可ですが術後2日間の通院が必要です。
日帰り手術:手術日と後2日間は毎日通院が必要です。
治療費用:  
年間手術件数
平成26年眼科手術数
内 眼 手 術 手術件数 外 眼 手 術 手術件数
白内障手術(合計) 831件
超音波乳化吸引術 (+眼内レンズ挿入術) (824)
嚢外摘出術 (+眼内レンズ挿入術) (2)
眼内レンズ二次挿入術 (5)
斜視手術 6件
眼瞼下垂手術 24件
眼瞼内反手術 12件
眼瞼形成手術 0件
緑内障手術(合計) 6件
観血的虹彩切除術 (0)
線維柱帯切開術 (5)
線維柱帯切除術 (1)
その他の減圧手術 (0)
眼球摘出術 0件
涙嚢鼻腔吻合術 0件
涙器に関する手術 1件
麦粒腫切開術 5件
霰粒腫摘出術 4件
網膜硝子体手術(合計) 79件
硝子体手術 (76)
強膜内陥術 (3)
角膜異物摘出術 8件
翼状片手術 11件
眼窩に関する手術 0件
強角膜縫合術 2件 その他の手術 60件
眼内異物摘出術 0件 計 131 件
角膜移植術 0件 レーザー手術 手術件数
その他の手術 5件 レーザー線維柱帯形成術 0件
計 923 件 レーザー虹彩切開術 18件
  YAGによる後発白内障   切裂術 48件
網膜光凝固術 430件
その他の手術 4件
計 500 件

 

 

 

 

 

トップ