診療科・医師紹介

人工透析

診療科について

特色

 慢性腎炎の早期発見のために腎生検を行い、専門的治療を行い病気の進行を抑えることを目指しています。また慢性腎不全や糖尿病性腎症に対し、腎機能を保持して透析導入を遅らせるための食事療法と専門的薬物療法に力を注いでいます。末期腎不全に対しては、適切な時期のシャント作成と安全かつスムースな透析導入、維持透析患者様に対してはシャントトラブルやその他の合併症に対応しています。

 

内容

 腎臓内科は初期の検尿異常から末期腎不全、透析療法まで腎臓病のあらゆる段階を診療対象と しています。

 検尿異常、尿路感染症、急性及び慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、急性及び 慢性腎不全、多発性嚢胞腎、血液透析導入、ブラッドアクセス作成、長期透析の合併症などに対応 しています。

医師紹介

人工透析 担当医師

氏名


髙木 幹郎 (たかぎ みきお)

職種

腎臓内科部長

卒業年次

昭和59年 三重大学卒

専門

腎臓疾患

資格

臨床研修指導医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会指導医
日本内科学会専門医

コメント

慢性腎炎や糖尿病性腎症を中心に、 腎障害を進行させないよう外来で内服治療及び食事指導を行っています。又、新規血液透析の導入及び長期維持透析患者の合併症対策を行っています。
 

氏名

田中 紘也 (たなか ひろや)

職種

腎臓内科専攻医

卒業年次

平成25年 秋田大学卒

専門

腎臓 透析

資格

 

コメント

患者さんによりよい医療を提供できるよう努力します。
 
氏名 田中 文香(タナカ フミカ)
職種 内科専攻医
卒業年次 平成28年 三重大学卒
専門 腎臓 透析
資格  
コメント  
 
氏名 早川 温子(ハヤカワ アツコ)
職種 腎臓内科専攻医
卒業年次 平成28年 三重大学卒
専門 腎臓 透析
資格  
コメント  
 

 

 

 

トップ