診療科・医師紹介

脳神経内科

診療科について

特色

脳・神経と筋肉、骨格系の病気を診る診療科です。具体的な症状として、歩きにくい、力がはいらない、しびれ、ふるえ、めまい、ふらつき、頭痛、意識障害、記憶力障害などの患者さんを診察しています。病気の種類としては、脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病、アルツハイマー病などの認知症、脳腫瘍、髄膜炎/脳炎/脊髄炎、ギランバレー症候群などの末梢神経疾患、筋疾患(筋炎、筋ジストロフィーなど)、頭痛、てんかん性疾患、変形性脊椎症などが対象になります。
当科は、地域中核病院の脳神経系疾患の治療を担っておりますので、とくに症例数の多い脳卒中=脳血管障害の急性期の対応、また、意識障害や痙攣など一刻を争う症例への救急対応が24時間出来るよう、診療体制をとっています。
入院症例は、6割強が脳血管障害で、その他の疾患も含めて大半が救急疾患もしくは急性疾患の症例です。パーキンソン病の症状コントロール入院など、外来患者さんの慢性疾患の入院治療ももちろん行なっています。外来では頭痛疾患、めまい、パーキンソン病、認知症、末梢神経疾患などの治療を行なっています。
認知症については、とくに診察に時間をかける必要がある(とくに自宅での様子などをお聞きするのに)ため、月曜午後に「物忘れ外来」をもうけて、予約制*で診察をしています。*その他の曜日の外来でも対応しています。

 

■ 実施可能検査 CT、MRI/MRアンギオ、3D-CTアンギオ、脳血流シンチ、脳波、脳脊髄液検査、神経伝導検査、針筋電図、各種神経誘発電位検査、神経生検/筋生検など。
■ 実施可能施術 ボツリヌス毒素治療、血漿交換療法/免疫吸着療法(入院)など

医師紹介

脳神経内科 担当医師

氏名 川名 陽介(かわな ようすけ)
職種 脳神経内科部長
卒業年次 平成12年 三重大学卒
専門 脳神経内科一般
資格 日本内科学会 総合内科専門医 
日本神経学会 神経内科専門医
コメント 地域の神経疾患の医療に貢献できるよう努めます。
よろしくお願いいたします。
 
氏名 牧 聡樹(まき としき)
職種 脳神経内科医長
卒業年次 平成13年 三重大学卒
専門 神経内科一般
資格 日本内科学会認定医 
日本神経学会専門医
コメント よい医療を提供できるよう努めます。
 
氏名 佐羽 勇輝(さば ゆうき)
職種 脳神経内科医師
卒業年次 平成28年 三重大学卒
専門 脳神経内科
資格  
コメント 鈴鹿の地域に貢献できるように働かせて頂きます。
 
氏名 川口 敦之(かわぐち のぶゆき)
職種 脳神経内科専攻医
卒業年次 平成31年 三重大学卒
専門 脳神経内科一般
資格

 

コメント

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

トップ