診療科・医師紹介

整形外科

診療科について

特色

当科では関節リウマチに対して、薬物療法、手術療法、理学療法を中心に、
治療を行っています。薬物療法では、従来の痛みや腫れを一時的に和らげるものから、免疫の異常を抑えて関節の破壊を防ぐものに変わってきています。当科では、これらの作用を有する生物学的製剤をはじめとした薬剤を用いることが可能です。これらを患者様ごとにオーダーメイドの治療を行い、病気の進行を抑え、QOL(生活の質)の改善に努めております。また手術療法では、人工股関節および人工膝関節置換術の症例が多く、高度に破壊され動揺性を有する関節、変形の強い関節などに対しても、積極的に手術を行い、良好な結果を得ています。人工関節手術に際しては自己血輸血を用いており、他人からの輸血を行わずに手術を行っており、輸血後の感染症の予防に努めております。その他のリウマチによる関節変形に対しても関節形成術など多種の手術を取り入れております。
 関節外科では関節鏡視下手術を行っており、膝関節では半月板損傷、靭帯断裂などにおいて侵襲の少ない手術を行うことにより早期の社会復帰、スポーツ復帰を可能としております。
 各種外傷に対しては救急指定病院でもあり多くの患者様が搬送されてきておりますが、早期社会復帰をめざし治療、リハビリテーションを行っております。
 近年では高齢化に伴い、骨粗鬆症の患者様が増加しており、軽微な外傷で容易に骨折をきたす方もみられます。これに対して骨塩定量検査、検体検査により早期発見し、骨強度を強め未然に骨折を予防する治療も行っております。また残念ながら発生してしまった骨折に対しても、手術法の工夫により早期離床に努め、寝たきりへの進行を防いでおります。リハビリテーションについては地域の他病院とも連携し、地域ぐるみでの治療を目指してカンファレンスなども行っております。
リウマチ外来 水曜日・金曜日 午前
ギプス外来(義肢装具) 火曜日 午後
当科の詳細はこちらをご覧ください。

医師紹介

整形外科 担当医師

氏名 稲田 均 (いなだ ひとし)
職種 副院長
卒業年次 昭和60年 三重大学卒
専門 関節リウマチ 関節外科
資格 臨床研修指導医
日本整形外科学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本リウマチ財団登録医
コメント 関節リウマチに対する薬物療法および人工関節置換術などの手術療法を積極的に行っております。
 
氏名 國分 直樹(こくぶ なおき)
職種 整形外科医長
卒業年次 平成16年 三重大学卒
専門 整形外科
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
臨床研修指導医

コメント 外傷全般と上肢の障害を中心に治療を行っております。よろしくお願いします。
 
氏名 横山 弘和(よこやま ひろかず)
職種 整形外科医長
卒業年次 平成18年 三重大学卒
専門 整形外科
資格 日本整形外科学会専門医
コメント よろしくお願いします。
 
氏名 森川 正和(もりかわ まさかず)
職種 整形外科医長
卒業年次 平成21年 三重大学卒
専門 整形外科
資格  
コメント 地域の皆様の健康面をサポートできるよう日々精進いたします。よろしくお願いします。
 
氏名 長尾 信人(ながお のぶと)
職種 整形外科医員
卒業年次 平成23年 山梨大学卒
専門 整形外科
資格

臨床研修指導医
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医

コメント 皆さまのお役に立てるように頑張ります。
 
氏名 中山 裕一朗(なかやま ゆういちろう)
職種 整形外科専攻医
卒業年次 平成30年 三重大学卒
専門 整形外科
資格  
コメント 地域の皆様が健やかな生活を過ごせるよう努力致します。
 

 

 

 

トップ