診療科・医師紹介

脳神経外科

診療科について

特色

 脳神経外科は、昭和60年に診療が開始され、本年で開設37年を迎えています。
現在、常勤医3名、非常勤1名の体制で、最近5年間の手術件数、入院患者数は表の如くです。

現在の脳神経外科手術の主体となる、① 開頭術などの直達手術、② コイル塞栓術・ステント留置術などの血管内手術、③ 脊椎・脊髄手術の割合が、概ね1/3ずつとなっています。
診療に当たる医師は、全員が脳神経外科専門医で、直達手術は、部長の清水が指導・担当し、血管内治療、脊椎・脊髄手術は、土屋医長が中心となり、 中島医師は、年間200件以上のほぼ全ての手術に直接関わり、3人全員で手術・治療を担当しております。
特に、脳動脈瘤や頚動脈狭窄に関しては、年度により直達手術/血管内手術の割合が異なります。医療技術の進歩により、その適応は年々変化してきています。それに合わせ、術者側も経験に基づいた技術の向上を心掛け、最終的には患者さんと十分な相談の上で適応の判断をしていきます。

また、一次脳卒中センターに認定されており、脳神経内科(常勤医4名)と協力し地域の脳・神経疾患全般に対応しております。



令和3年度

 

手術件数
  疾患 適応手術 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和2年
脳腫瘍 脳腫瘍 開頭腫瘍摘出術 16 14 16 18 18
血管障害 脳動脈瘤 クリッピング術 12 13 6 10 15
    血管内(コイル) 13 15 20 12 7
  頚動脈狭窄症 内膜血栓剥離術 0 6 8 3 7
    血管内(ステント) 11 6 9 12 12
  脳梗塞、TIA バイパス術 3 4 6 6 2
脊椎・脊髄 頸椎   1 13 26 29 15
  腰椎   0 4 12 21 12
頭部外傷 慢性硬膜下血種 穿頭術 26 46 48 47 38
               
手術総数(下記内訳)     142 177 220 255 203
開頭術     49 48 56 65 56
血管内治療     49 40 55 58 43
脊椎手術     1 39 42 54 31
               
入院患者数     345 368 373 409 333

医師紹介

脳神経外科 担当医師

氏名 清水 重利(しみず しげとし)
職種 院長補佐
卒業年次 平成3年 三重大学卒
専門 脳神経外科
資格 日本脳神経外科学会専門医
三重大学医学部臨床教授
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
コメント カテーテル治療などの低侵襲治療が第一選択となってきて、開頭術が適応される割合は以前より減少してきています。しかし、脳血管外科・脳腫瘍などで、開頭術が必要なケースはまだまだ多く、これまでの経験を活かし、当院での治療レベルを維持できるように努めていきたいと考えています。
 
氏名 土屋 拓郎(つちや たくろう)
職種 脳神経外科部長
卒業年次 平成12年 三重大学卒
専門 脳神経外科
資格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脊髄外科学会脊髄外科認定医
日本神経内視鏡学会技術認定医
コメント  
 
氏名 浅田 玲緒尚(あさだ れおな)
職種 脳神経外科医長
卒業年次 平成20年 筑波大学卒
専門 脳神経外科 救急
資格

脳神経外科専門医
救急医学会専門医
脳血管内治療学会専門医
神経内視鏡学会認定

コメント お気軽に相談下さい。
 
氏名 森川 篤憲 (もりかわ あつのり)
職種 嘱託医
卒業年次 昭和47年 三重県立大学卒
専門 脳神経外科一般
資格 日本脳神経外科学会専門医・指導医
コメント 脳ドック担当しています
 

 

 

 

トップ