病院理念/方針

三重県厚生連の理念

JA三重厚生連は、医療・保健・福祉活動を通じて、組合員と地域住民の皆さんが、
安心して健やかに暮らせる地域づくりに貢献していきます。

理念

ささえあい、ともに生きる
患者さまが地域で生活するためには、地域の中に「住む場」「働く場」「憩う場」「癒す場」がなくてはなりません。また、家族・仲間・ボランティアの方々、われわれ医療従事者の“ささえ”が必要となります。
当院の理念『ささえあい、ともに生きる』は、鈴鹿厚生病院が地域の中で、“ささえ手”の中心となり、ともに歩んでいこうということを表したものです。

基本方針

  • 患者さまや地域の皆さまに、信頼され選ばれる病院づくりを行います。
  • 患者さまが地域で快適な生活が送れるよう、積極的にサポートします。
  • 患者さまの人権を尊重し、きめ細かく配慮します。
  • 患者さま一人一人の治療プランに添った医療を行い、一日も早い家庭・社会復帰を目指します。
  • 地域におけるメンタルヘルスに積極的に取り組みます。
  • 医療の質向上に向けて日々研鑽を積みます。

行動目標

  • 全職員が患者さまの窓口になります。
  • 明るい笑顔と、やさしい言葉で患者さまに接します。
  • 患者さまの話を十分に聴きます。
  • わかりやすい言葉で、よくわかるように説明します。

患者さまの権利

  • 患者さまは、ご自身の身体、健康などにかかわる状況を正しく理解し、最善の医療を受けるために、必要な医療情報を知ることができます。
  • 患者さまは、医師及び医療従事者から十分な情報提供とわかりやすい説明を得た上で、医療を受けることができます。
  • 医療機関及び医療従事者が取得した患者さまの個人情報は守られ、事前の同意なくして第三者に開示されません。
  • 患者さまは、必要かつ十分な医療サービスを受けることができ、いつでも希望や意見を述べることができます。