平成27年度 いなべ総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 46 55 107 188 263 326 678 1040 913 297
指標の説明
入院していた患者さんの年齢別の指標です。当院は地域で唯一の基幹病院として高度急性期から亜急性期医療まで幅広く担っています。全体で見ると高齢化の影響で60歳以上の患者さんが全体の約75%を占めています。当院に入院されるうちの約7割はいなべ市のお住まいの患者さんであり、いなべ市では60歳以上の人口分布が3割以上と高齢化が進んでいます。高齢者の方が病気になりやすいことも加味しますと、当院の入院患者の約7割以上が60歳以上の高齢者が占めるのは当然と言えます。年齢別でみていきますと、10歳以下では骨折が多くみられます。20代、30代では産科での入院が多くなっています。40代、50代では大腸ポリープや結腸癌が多くなってきますが、多種多様な疾患があります。60代、70代は脳梗塞、肺炎、5大がんなどが多くなっていきおり80代以上ではこれに加えて大腿骨などの骨折が増えてくる。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 275 1.02 2.93 0.36 62.47
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 178 17.42 14.34 3.37 77.7
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 113 2.52 7.01 0.88 60.73
内科では大腸検査が一番多い症例であり、内視鏡で大腸の中を精査するだけであれば、基本的に日帰り入院のため平均在院日数は約1日です。次に多いのは、肺炎で特に高齢者の患者さんが多く重症化しやすいため、2週間以上の入院となることが多いです。3番目は結腸悪性腫瘍の抗がん剤投与となり、当院の内科は主に消化器・呼吸器で構成されています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 90 37.68 28.7 31.11 82.76
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 57 26.05 21.52 3.51 78.42
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 36 34.97 27.21 0 73.94
整形外科は大腿骨骨折に人工骨頭挿入術を行う症例に力を入れており、最も多い症例となっています。関節を人工物に置き換える大きな手術のため、術後のリハビリをする必要があります。次いで、胸椎腰椎骨折(圧迫骨折)が多く、この疾患も高齢者の転倒による発症が多いため、平均年齢も高齢であります。3番目には変形性膝関節症に対し人工関節置換術を施行する症例であり、術後のリハビリを行う必要があるため平均在院日数は高い値となっておりますが、いずれの症例もQOLの向上を目指すため「早期離床・早期退院」を行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 23 4.35 5.56 0 38.74
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 7 7.84 0 63.73
180050xx97xxxx その他の悪性腫瘍 手術あり 13 11.77 18.8 0 80.54
虫垂炎の発症頻度が高いため虫垂切除術症例が一番多く、当院では全例、腹腔鏡下で行うため低浸潤手術であり、平均在院日数も短く、早期社会復帰が可能となっています。また、年齢の偏りがないため、平均年齢も他の症例より若い数値になっています。次いで多い症例は、胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。当院では腹腔鏡下を基本としており、平均在院日数は比較的短くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 57 34.67 18.08 24.56 74.91
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 12.62 10.02 3.45 73.97
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 8.24 7.52 5.88 58.59
脳神経外科では脳梗塞が最も多い症例となっています。脳梗塞を発症すると活性酸素(フリーラジカル)が増加し、脳に障害をもらたすため、エダラボンという薬剤を24時間以内に投与し、脳の障害を最小限に抑える治療を行っています。当院での治療後は、リハビリ目的で転院する割合が全体の3割程度あります。近隣の回復期病院に限りがあり、全国平均より約2週間程度長い入院となっています。次に多いのは、外傷による頭蓋・頭蓋内損傷です。こちらの症例に関しては、必要に応じて手術を行います。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 20 2 2.34 0 31.35
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 15 21.4 20.87 13.33 29.07
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.18 - -
産婦人科では主に出産を扱っているため、流産・早産の件数が上位となっております。流産は妊娠全体の8~15%の確率で起こると言われており、決して少なくはありません。次に多いのは切迫早産で子宮口が開き破水をしたり、早産になりかかっている状態です。子宮口が開かないように子宮収縮抑制剤の投与を行い、緊急での入院にも対応している症例です。また、出産以外の子宮筋腫等の疾患に対しても、手術を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 16 9.94 11.97 0 66.81
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 10.42 8.97 0 72.92
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 12.66 - -
皮膚科では皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症(蜂窩織炎)が最も多い症例となっています。入院となるのは、高熱を伴ったりした重症患者であり、基本的に点滴治療(抗生剤)となります。次いで、重症化した帯状疱疹の症例が多く、こちらも点滴による治療のため、皮膚科の平均在院日数はおおむね2週間以内となっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 8.2 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.31 - -
030300xx99xxxx 声帯の疾患(その他) 手術なし - - 5.68 - -
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 4.25 6.17 0 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 11.59 - -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.31 - -
小児科に関しては、出産時の新生児黄疸等で治療が発生した症例が上位です。現在、小児科入院を行っていないため、小児疾患はありません。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 11.08 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 7.99 - -
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - 15.35 - -
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 76 1 7
大腸癌 - 13 - - 44 23 1 7
乳癌 - - - - - 1 7
肺癌 - - - - 40 1 7
肝癌 - - - 42 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
指標の説明
初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発の実患者数を示しています。Stage Iが進行度が低く、Stage IVが最も進行した病期を表します。Stage III、Stage IVになるにつれて再発率が高くなります。当院は大腸カメラ検査を入院で行っているため、初発の5大癌の中では大腸癌を最も多く取り扱っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 29 11.07 49.93
重症度 1 106 19.17 83.67
重症度 2 14 13.29 85.64
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
指標の説明
成人の市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。一般的に重症度が上がるほど在院日数は伸びる傾向にあります。また、高齢者ほど重症度が高くなる傾向があります。当院は比較的軽度の市中肺炎を扱っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 84 41.4 77.12 30.95
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
指標の説明
脳梗塞患者さんの傷病名別指標になります。当院は発症から3日以内の脳梗塞患者さんがほとんどで、高齢者が多く約3割程度が救急車で来院されます。当院では発症から早期に治療を開始できており、約3割の患者さんがリハビリ目的で回復期病院への転院となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 220 0.48 0.77 0 63.81
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 1.04 18.8 4.35 84.74
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 25 3.28 6.76 0 70.56
内科の最も多い手術症例は、内視鏡による大腸ポリープ切除です。大腸の内視鏡検査時にポリープを発見して切除を行う目的の短期入院です。次いで多いのは、胆管炎のため胆管にステント(人体の管状の部分を管腔内部から広げる医療機器)を留置する症例、心筋梗塞のために冠動脈にステントを留置する症例があります。これらは内視鏡的、もしくは経皮的な術式のため、手術自体の侵襲度は低い部類とされます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 88 4.09 33.34 29.55 80.91
K0821 人工関節置換術(膝) 等 68 2.22 35.31 1.47 71.81
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 28 1.96 22.07 3.57 61.14
整形外科で一番多い手術は肩甲骨・上腕・大腿骨の骨折に対する手術です。その中でも大腿骨に対する手術が約7割程度であり、高齢者の転倒が起因に発症することが多いため、平均在院日数、転院率、平均年齢ともに高い数値となっております。次いで多いのは、肩・股・膝に対する人工関節置換術で、その割合は股と膝が5割ずつになっています。整形外科の術式の上位は、侵襲度が大きく、また対象患者さんも高齢であることが多いため、術後リハビリ等で平均在院日数が長くなる傾向がありますが、昨今は早期離床・早期退院をすることで、患者さんの日常生活動作(食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動)のレベルを下げないことが重要となっているため、当院も早期離床・早期退院を目指して治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 45 0.04 2.04 0 58.89
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 30 1.63 5.37 0 59.7
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.17 3.17 0 38.74
外科の中で一番多い手術は腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術です。当院は手術当日の入院を基本としており、平均術前日数は1日未満となっています。また、腹腔鏡下手術(侵襲度の低い手術)のため術後の入院日数も2日程度で早期に退院可能な手術です。次いで、胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術となっており、いずれも腹腔鏡下手術のため、平均術後日数は低い値になっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 114 0.06 0.78 0 75.9
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 10 0 13.8 0 69.9
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
当院の眼科入院では、主に白内障に対する眼内レンズ挿入術(水晶体再建術)を行っています。この術式は、予約・日帰りの症例であるため、平均術前日数・平均術後日数は1日未満です。次いで多い硝子体茎顕微鏡下離断術は網膜剥離等に対する手術であり、こちらは術後の状態を確認するため、平均在院日数は約1~2週間程度となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 20 1 0 0 31.35
K877 子宮全摘術 12 1 7.33 0 50.5
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
産婦人科は基本的に自費の出産を扱っているため、保険適用の流産の手術件数が最も多くなっております。また次いで多いのは、子宮筋腫等による子宮全摘術です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 18 1.61 13.56 5.56 74.78
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫に対して行われる、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。穿頭術(頭に穴をあける)を施行し、血腫内容を洗浄除去する術式であり、高齢者の患者さんの割合が高く緊急手術となる場合が多くなります。平均術後日数は約2週間程度の入院となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 10 1 3.7 0 16.9
K358 上顎洞篩骨洞根治手術 - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
扁桃肥大・扁桃炎に対する口蓋扁桃手術(摘出)が耳鼻咽喉科で最も多い手術で、全身麻酔下で行われる術式です。予定入院で行われることがほとんどで、平均術後日数は約4日程度と早期に退院可能な術式です。また当院の手術施行患者さんの年齢は5~34歳(平均16.9歳)と若いのも特徴です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 10 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 40 1.02
異なる - -
指標の説明
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌 症、手術・処置の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は敗血症が0.45%でした。当院は全国値と比べて低く、アップコーディングは行われていないと考えています。手術・処置などは合併症は起こらないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症は一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については可能な限り患者さんに説明したうえで手術・処置の施行に同意をいただくように努めています。
更新履歴