病院について

病院長あいさつ

   三重北医療センター いなべ総合病院は、昭和28年に三重県厚生連員弁厚生病院として開設されました。平成14年9月、三重北医療センター いなべ総合病院として現在の地に新築移転しました。そして、現在、災害拠点病院・がん診療連携推進病院・基幹型臨床研修指定病院の指定を受けた急性期中核病院です。掲げた「病院の理念」、「基本方針」に沿って、私たちは誠意をもって、より安全で質の高い医療を提供し、地域の医療の向上に寄与したいと考えています。

 災害拠点病院として、行政、消防署、医師会等と連携を図り、この地域の災害医療の核となり、また、DMAT(災害医療支援チーム)を養成し、広域災害時の医療を支援する体制をとっています。

 がん診療連携推進病院として、がん患者に対する診療、連携の充実を図り、地域の方々に適切ながん医療・療養環境を提供し、安心して生活していただけるよう、努めていきます。

 臨床研修指定病院として、知識と技能の修得・実践能力を高めることはもちろんのこと、医療の現場で適切に“振る舞う”ことができる若い医師の育成に全職員が取り組んでいます。そして、すべての医療職の新人教育プログラムを用意し、専門職として円滑に知識・技能の習得を図る仕組みを実践しています。また、医師、看護師はじめ薬剤師、理療士、技師など医療職を志す方の実習教育病院として多くの学生を受け入れ、臨床教育に貢献しています。

  優れた人が育てば、組織が強くなり成熟します。強い組織でいい仕事をすれば、人に満足と感動を提供できます。満足と感動の仕事は、社会から評価され、病院の健全化につながります。病院づくりは、人づくりから始まると、考えています。

 今後も、地域に根差した病院を目指し、住民の皆さんの健康の保持に寄与し、災害や救急医療に対応できる役割を担っていきます。医術を実施することが医療者の喜びとなり、医術を受けることが患者にとって満足となるような医療を目標としていきます。

トップ