病院概要/沿革

名称 三重県厚生農業協同組合連合会 三重北医療センター 菰野厚生病院
所在地 〒510-1234 三重県三重郡菰野町大字福村75番地
開設 昭和25年5月1日
TEL 059-393-1212
FAX 059-394-2679
病床数 230床
診療科目(18科)

内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、外科、血管外科、肛門外科、小児科、整形外科、リハビリテーション科、脳神経外科、眼科、泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線科

医療機器 MRI 1.5T
マルチスライスCT(64列)
心臓血管専用Cアーム型DSA装置
DSA付X線テレビ装置
乳腺撮影装置(マンモグラフィー)
骨密度測定装置
超音波診断装置(心臓、腹部、乳腺)
電子内視鏡システム
光学手術顕微鏡
レーザー光凝固装置
人工透析装置
ESWL(体外式衝撃波破砕装置)
敷地面積 10,328㎡
建築面積 6866.67㎡
延床面積 18882.83㎡
施設 無菌製剤施設
バイオクリーン手術室
コンピューターオーダリングシステム
救急外来
人工透析室
菰野町在宅介護支援センター(いきいき)
訪問看護ステーション(いきいき)
デイケア(いきいき)
院内託児所「きらほし保育園」
承認事項 名古屋市立大学医学部関連施設
三重大医学部関連施設
日本外科学会認定医制度修練施設
日本消化器外科学会名市大関連施設
日本大腸肛門病学会専門医修練施設
日本整形外科学会認定医制度研修施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
名古屋市立大学医学部臨床研修指定病院
救急指定病院
労災指定病院
臨床研修病院指定施設
指定自立支援医療機関(腎臓)
三重県 災害医療支援病院指定
>
昭和25年5月 開設
昭和27年 菰野町他15町村立伝染病棟30床併設
一般病床を15床増床(一般43床、伝染30床)
神前診療所を開設
昭和30年 結核病棟34床新築(一般43床、結核34床、伝染30床)
昭和32年 管理棟および一般病棟新築、24床増床し67床となる
昭和38年 一般病棟新築、30床増床し97床とする
昭和42年 本館および病棟改築(鉄筋コンクリート4階建て)
昭和44年 神前診療所を閉所
昭和51年 名古屋大学医学部から名古屋市立大学医学部に医局を交代
本館増築
病棟の改修工事。結核病床34床を20床とし、14床を一般
病床に変更。(一般111床、結核20床、伝染30床)
昭和52年 本館増築。一般病床50を増床し、161床とする。
(一般111床、結核20床、伝染30床)
昭和3年 人工透析を開設
昭和56年 機能訓練室、RI体外計測室新築
昭和57年 本館2階病棟増築
平成3年 結核病棟廃止、エネルギー設備の更新
平成5年 結核病棟を取り壊し
平成7年 増改築工事開始
平成8年3月 増改築工事完成(鉄筋4階建て2,431㎡ 伝病477㎡含む)
一般病床144床、伝染病床30床
平成8年4月 菰野町在宅介護支援センターいきいき 開所
平成8年9月 オーダリングシステム導入
平成10年8月 訪問看護ステーション開設
平成11年10月 一般病床17床増床。伝染病棟廃止
一般病床161床(一般118床、療養43床)
平成13年1月 新病棟(療養型)増築工事開始
平成14年3月 新病棟(療養型)完成
平成14年4月 通所リハビリセンター開設
平成14年5月 39床増床し、病床数200床(一般146床、療養54床)
平成17年8月 回復期リハビリテーション病棟開設
病床変更し病床数230床(一般146床、療養84床)
平成18年3月 64列コンピューター断層撮影装置導入
平成18年4月 菰野町地域包括支援センター いきいき に改名
(旧名:在宅介護支援センターいきいき)
平成19年3月 1.5テスラMRI(フィリップス社)導入
平成19年6月 ESWL【体外式衝撃破砕装置】(ドルニエメドテックシステムズ社)導入
平成24年3月 増築棟(南館)竣工
平成24年10月 本館改修・耐震工事完了
平成28年1月 電子カルテ導入