診療科・医師紹介

泌尿器科

診療科について

診療科の特色

泌尿器科とは、尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の疾患と男子の生殖器(前立腺・精嚢・精巣・陰茎)の疾患を扱う診療科です。泌尿器疾患の症状は血尿、腹痛、排尿時痛、排尿障害や発熱を伴うものが代表的です。

また、泌尿器疾患の中には無症状であっても、エコーやCTなど画像上の異常がある為、他院から紹介される場合もあります。 できる限り診断から治療まで当院泌尿器科で行うようにしていますが、設備などの関係で当院では困難な治療法が必要な場合は、その治療法が可能である該当施設にも迅速に紹介します。

以下、代表的疾患について当院泌尿器科で行っている治療法を述べます。 前立腺肥大症に対しては薬物療法をまず行いますが、経尿道的前立腺切除術も積極的に行っています。 高出力レーザー照射装置も導入され、経尿道的前立腺レーザー核出術への応用も期待されています。 PSAが高値で前立腺癌の疑われる場合には、MRIを積極的に行い、癌の存在を見落とすことないように前立腺生検を行っております。 前立腺癌が確定診断された場合には、開腹手術と内分泌療法は当院で行っています。 ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術と放射線治療(IMRT)や陽子線治療を希望される場合は他院へ紹介しています。

腎結石や尿管結石に対しては自然排石を待つ場合を除き体外衝撃波結石破砕を、膀胱結石に対してはレーザー破砕を第一選択に行っております。 また、尿管結石に合併した腎盂腎炎は短期間で重症化する可能性がありますので迅速に対応します。 膀胱癌に対しては経尿道的膀胱腫瘍切除術、膀胱部分切除術、膀胱全摘除術+尿路変更術も行っています。

腎癌と前立腺癌に対するロボット支援手術は名古屋市立大学病院との連携がありますので、希望される場合は一度ご相談下さい。

 

医師紹介

担当医師

副院長 最上 徹  日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器学会指導医
MMC指導医講習会
 
医員 永井 隆    
 

診療実績