三重北医療センター発足のご挨拶

三重北医療センター 菰野厚生病院 院長 小嶋正義

 菰野厚生病院は昭和25年に開設以来、菰野町を中心とした地域の基幹病院として急性期医療から慢性期医療、健診、在宅・福祉部門まで幅広い地域医療のニーズに包括的に応えていくことを使命として今日まで歩んできました。しかし、高齢化社会の到来を迎え、医療需要はますます増加すると予想され、今まで以上に密度の高い医療を提供できる体制を整えることが急務であると考えてきました。この課題を克服するためには限られた医療資源をより効果的に活用することが不可欠であり、経営母体が同じである いなべ総合病院との連携強化を模索することで活路が見いだせないか、2年前から協議を重ねてまいりました。その結果将来を見据えた構想がまとまり、今後両病院が緊密に連携して三重県北勢地域西部の医療を担っていくとの決意を内外に周知するため、三重北医療センターという統一名称を冠に付けることといたしました。診療科ごとに機能の分化・集約を進め、双方の特徴を活かしつつ、弱点を補完しあうような診療体制の構築に向けて努めてまいります。

 平成29年4月1日より当院は「三重北医療センター 菰野厚生病院」として新たな出発をいたしますが、菰野町の基幹病院としてその役割を充分担えるよう引き続き努力してまいりますので、今後ともご指導ならびにご支援のほどよろしくお願い申し上げます