診療科トップへ戻る>>
医療機関の方々へ戻る>>
呼吸器外科専門医合同委員会認定基幹施設
部長 深井 一郎
医長 水野 幸太郎
医長 遠藤 克彦
   
深井 一郎
 

 呼吸器外科では、肺臓、気管、気管支、胸壁(主に肋骨)、横隔膜、縦隔(両方の肺に挟まれた心臓などのある部分)の疾患を扱っています。肺がんをはじめとする肺の腫瘍、縦隔の腫瘍、重症筋無力症、気胸など肺の疾患、手掌多汗症、漏斗胸など様々な疾患に対して診断・治療を行っていますが、その中心となるのがやはり肺がんです。がんの中でも死亡率が高いと言われる肺がんの手術には高度な技術と経験が必要とされるため、当院でも呼吸器外科の専門医を揃え万全の体制で患者さまを受け入れています。
  当科では「同じ効果であれば、患者さまにやさしいものを」をポリシーとしています。その最たるものが「胸腔鏡下肺葉切除術(VATS)」という最新の医療技術の採用にあります。従来の開胸手術の場合、乳頭の近くから肩甲骨と脊椎のほぼ中央に及ぶ25〜30cmの弧状切開を入れるため疼痛も強く、患者さまに大きな負担を与えるものでした。しかし、この胸腔鏡下肺葉切除術は、内視鏡や患部摘出に必要な特殊な器具を入れるためのわずか数cmの切開だけで済むため痛みも少なく、患者さまの負担もかなり軽減されます。さらに創が小さいため美容的にもメリットの多い手術です。他にも患部摘出の際に、健康体になったことを考慮して、必要以上に肺葉を切除しない胸腔鏡下区域切除を行うなど、常に「患者さまにやさしい」を意識して治療にあたっています。そしてもうひとつ、胸腔鏡下の手術は患者さまの権利を守る医療であると私たちは考えます。そのため、どのように手術がおこなわれたのか、医療ミスはなかったのかを患者さまやその家族の方々が後にそれを検証できるよう、すべての手術を録画し、望まれる方々にお配りしています。
 今後もさらに患者さまにやさしい医療を提供していき、呼吸器外科といえば鈴鹿中央総合病院といわれるよう努めてまいります。
胸腔鏡下による内視鏡手術(肺癌)
標準開胸の肺癌手術
胸腔鏡下の肺癌手術
約30cmの切開で筋肉を4枚切りします。 名刺のサイズと比べてください。筋肉の切開は最小限で済みます。
当院では肺癌根治手術を胸腔鏡下で行っています。標準開胸とまったく同じ手術がわずかの切開で可能です。術後の痛みが少なく、術後5〜7日で退院可能です。手術はDVDに録画していますので、ご希望の方にいつでもお渡しできます。
診療科トップへ戻る>>
医療機関の方々へ戻る>>