当院の増改築工事について

 当院は平成9年4月に現在地へ新築移転して以来、松阪市とその周辺地域の急性期・救急・専門医療を担う基幹病院としての役割を果たしてきました。
 移転から20年以上が経過し、生活習慣病の増加をはじめとする疾病構造の変化、医療技術の高度化等に伴い、地域から求められる医療ニーズは高度・多様化しています。
 このような状況に対応するため、救急医療を中心とした地域ニーズへの対応と患者さまおよび職員満足度の向上を主眼に置いた増改築工事を計画し、現在進行中です。
 増築棟は令和3年秋に完成、本館の改修は令和4年秋に完了予定となっております。工事期間が長期にわたるため、皆様にはご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
 今後の増改築工事における進捗を、随時ホームページに掲載していきますので、どうぞご覧ください。

増築等の概要
鉄骨造5階建(延面積1,490坪) 備    考
5階 健康管理施設(エポック) 旧面積の3.2倍
4階 血液浄化センター(人工透析) 治療室環境の改善
3階 高度急性期病棟(救急病棟) ICU含む計26床
2階 内視鏡センター 旧面積の2.5倍
1階 救急センター 旧面積の3.4倍

◇リハビリテーションセンター(1階建)を解体撤去した跡地に 新診療棟(5階建)を建設します。

◇リハビリテーションセンターは5月に4階に移転しました。


令和2年7月31日版

リハビリ棟 基礎部分の撤去が完了しました。
基礎部分の撤去が完了し、現在は埋め戻し作業を行っています。
この後、地盤改良を行い、8月末から杭打作業がはじまります。

 

本館3階・4階バルコニーの撤去作業がはじまりました。
3階透析・4階リハビリテーションセンターは騒音が予測されます。
ご理解ご協力をお願いいたします。


令和2年7月10日版

リハビリ棟の解体工事が予定どおり進捗しています。
建屋の解体がほぼ終了し、今日から基礎部分の解体がはじまりました。
これまでよりも更に騒音が大きくなることも予測されます。
ご理解ご協力をお願い申し上げます。


令和2年7月1日版

リハビリ棟の解体工事が予定どおり進捗しています。
重機より右側が既存改修部分、左側は全て解体し、新棟が建設されます。
解体工事は8月中旬頃に完了し、8月26日に起工式が開催されます。


令和2年6月18日版

リハビリ棟の解体工事がはじまりました。

解体工事は騒音に出来る限り配慮した工法で実施しますが、時期によっては大きな騒音が発生することが予測されます。ご理解ご協力をお願い申し上げます。



令和2年5月28日版

リハビリ棟の取壊工事に備え、飛散防止用の足場と養生シートが設置されました。 リハビリ棟の本格的な解体工事がはじまります。


令和2年5月22日版

4月末に改修工事が完了し、5月7日リハビリテーションセンターが4階に移転しました。

5月11日、旧リハビリテーションセンターの取壊し工事が始まりました。 内装撤去の後、本格的な取壊し工事が行われます。


 

トップ