病院について

地域がん診療連携拠点病院・がん相談支援センター

当院は、三重県知事の推薦に基づき、厚生労働大臣から
平成17年1月17日付けで、地域がん診療連携拠点病院に指定されました。

地域がん診療連携拠点病院とは

「地域がん診療連携拠点病院」とは、わが国に多い(肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん等)について地域全体におけるがん医療水準の向上を図るために、地域におけるがん診療連携を推進し、質の高いがん医療ができる病院が国から指定をうけるものです。

地域がん診療連携拠点病院の果たすべき役割

Ⅰ診療体制

地域医療機関との連携を図り、専門的医療を実施するとともに、
地域がん診療連携拠点病院としての役割を果たし、がんの医療水準の向上に努める。

 

●診療機能、施設・設備等の整備状況
●患者・家族のための相談機能  
患者相談窓口の設置 ari 専従者2人
心理カウンセラーの配置 ari 1人
セカンドオピニオンの実施 nasi  
●診療機能    
化学療法の実施 ari  
外来化学療法室の設置 ari 専用病床 20床整備
放射線療法の実施 ari 緩和的放射線治療も実施
内分泌療法(ホルモン療法)の実施 ari  
緩和ケアの実施 ari  
緩和ケアチームの整備 ari  
緩和ケア外来の実施 nasi 9:00〜11:30・完全予約制、神経ブロックも実施
その他がんに関する専門外来の設置 ari  
腫瘍外来 syasen 毎週金曜日 完全予約制

Ⅱ研修体制
  地域がん医療水準の向上のため、院内および地域医療機関の医療従事者に対する
  研修に積極的に取り組む。

Ⅲ情報提供
  がん患者の生存率(治癒率)等がん医療に必要なデータを収集・管理し、
  地域の医療機関や住民等にがん医療に関する情報提供を行う。

●がん相談支援センター
gan-sodan-p
PDF( 163KB)
当院では、患者さまやご家族の方からの「がん」に関する疑問や不安、悩みについての相談窓口として、「がん相談支援センター」を開設しております。
専任の相談員(社会福祉士・精神保健福祉士)が、皆さまのお話を伺い、一緒に考え、医師・薬剤師・看護師・リハビリ専門職・心理専門職・栄養士といった病院スタッフと連携をとりながら、問題解決のお手伝いをいたします。

相談は無料です。
ご相談いただいた内容は秘密を厳守いたします。
受付時間 : 平日8:30~16:30
場  所 : 松阪中央総合病院1F がん相談支援センター(医療福祉相談室)
不在時もありますので直接お越しいただく場合は、
  事前にご連絡をいただけると確実です。
治療に関する相談はお受けしておりません。


電話:0598-21-5252(代) (内線:2249)
Email:mcw@mch.miekosei.or.jp
松阪中央総合病院1F がん相談支援センター(医療福祉相談室)
●がん患者サロン「ひまわり」を開設しています。

がん患者さまやご家族の方の気分転換や癒しの場をつくりたいとの願いを込めてがん患者サロン「ひまわり」を開設しました。がん患者さま、またそのご家族の方であれば、がんの種類、当院への受診の有無は問いません。病気や心の悩み、体験等について気楽に語りあえる場として、広くご利用いただければと考えています。どうぞお越しください。

← 日時等の詳細については、左記をクリックして下さい。

がん患者サロン「ひまわり」は、新型コロナウイルス感染予防の観点より、現在開催を中止しております。
再開が決まりましたら、ホームページにてお知らせいたします。ご了承ください。

市民公開講座
            
緩和ケアとは


緩和ケアとは、終末期だけでなくがんの治療を受けておられる患者さまやご家族の、痛みをはじめとするつらい症状をやわらげたり、心のケアをおこなうことです。
当院では、緩和ケアチームを設け専門的な援助につとめております。
緩和チームによる援助をご希望の方は、主治医、または担当の看護師にご相談ください。
ご本人またはご家族が希望された場合、主治医を通じてチームによる援助を提供させていただきます。

当院における緩和ケア研修会修了医師一覧
 
  (PDF)

 

当院の専門とするがん

希少がん、小児がん、AYA世代のがん、妊孕性温存療法やがんゲノム医療については、

必要に応じて連携している施設への紹介を行っています。

 


●当院のレジメン一覧


院内がん登録統計情報

1.登録数年次推移
2.登録件数の推移
3.症例区分
4.診断時住所別
5.年齢の割合
6.来院経路.発見経緯


 

PDCAサイクルについて
当院では、患者さんに対する医療の質の向上を目指して、PDCAサイクル(Plan計画、Do実行、Cheek評価、Action改善、)を実践し、継続的な改善に取り組んでいます。 

課題の内容
外来待ち時間の短縮

トップ