診療科・医師紹介

呼吸器内科


診療科について

診療方針

 呼吸器疾患全般に対し、胸部外科及び放射線治療科との連携を図りより良い治療に努めます。

 

呼吸器内科の特色

 当科では、肺・気管支を中心とした呼吸器疾患全般を呼吸器感染に関するガイドラインに沿って診断、治療を行っています

 

対応疾患(主な疾患)

肺炎、肺がん、間質性肺炎、気管支喘息、アレルギー肺疾患

 

治療

現在のところ、週2回の外来診療のみですが、悪性腫瘍に対しては、胸部外科・放射線治療科と連携して治療にあたっています。また、外来化学療法室も充実しており、病院全体で緩和ケアに取り組んでいます。気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患(肺気腫など))に対しては薬物療法及び吸入等を中心とした治療を行っています。

 

医師紹介

呼吸器内科 担当医師

トップ