診療科・医師紹介

血液腫瘍内科


診療科について

診療方針

 迅速に診断し、標準治療を行う。

 

血液腫瘍内科の特色

 日本血液学会血液専門医と日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医が血液疾患や各種腫瘍に対し、各診療科の協力を得て迅速に診断し、患者さまの状態に応じた適切な治療目標を提案しています。さらに治療効果、副作用を評価し治療継続の再検討を行っています。
  入院治療は全ての医師が担当医となる事で複数の専門医が協力し、診断までの時間を短縮し治療開始を早めています。また、交代制で全入院患者の回診を行い情報を共有する事で、病状変化に対して俊敏に対応しています。また休日に当番医を作る事で、予断を許さない病状の患者さまに対しても、週末からでも治療を開始できる体制を整えています。

 

対応疾患(主な疾患)

白血球減少増加、赤血球減少増加、血小板減少増加、リンパ節腫大、原因不明の発熱に対して悪性リンパ腫の鑑別、悪性リンパ腫(リンパ節腫大、脳、唾液腺、眼窩部、口腔内、甲状腺、肺、肝、脾、膵、副腎、腎、胃、大腸、前立腺、精巣、筋肉、骨、皮膚)、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病。骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、ALアミロイドーシス、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血、溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、乳癌、原発不明癌、キャッスルマン病

 

〈外来診療〉治療

貧血等の血液異常やリンパ節腫脹等の原因検査
外来化学療法
化学療法後のフォローアップ
輸血

 

 

〈入院診療〉治療

診断のための検査入院
診断時の初回の化学療法や化学療法変更時の初回化学療法(副作用を評価するために入院で行います。)
入院中は、複数の医師、看護師、薬剤師等によるチーム医療を行い、疾患に対する指導を行います。

 

 

医師紹介

血液腫瘍内科 担当医師

氏名
セキネ タカオ
関根 隆夫
(臨床副院長)
(外来化学療法センター長)

PROFILE
30年間、様々な血液疾患の治療を行っています
専門
血液腫瘍学

出身大学
三重大学
卒年S.61年

専門医など

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
ICD認定医
緩和ケア研修会修了

(その他)
臨床研修指導医養成講習会修了者

 
氏名
オオヤ エイコ
大矢 瑛子
(内科医師)
PROFILE
一生懸命がんばります。よろしくお願い致します。
専門
血液内科

出身大学

三重大学
卒年 H.20年

専門医など
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医
緩和ケア研修会修了
     
氏名
ハチヤ ケンスケ
蜂矢 健介
(血液内科医師)
PROFILE
良い血液診療を提供できるよう微力を尽くします。
専門
血液内科

出身大学

名古屋市立大学
卒年 H.25年

専門医など
日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医
緩和ケア研修会修了
(その他)
臨床研修指導医養成講習会修了者
 
氏名
スズキ カズタカ
鈴木 和貴
(血液内科医師)
PROFILE
より良い医療を提供できるよう励んで参ります。
専門
血液一般

出身大学

名古屋市立大学
卒年 H.29年

専門医など
緩和ケア研修会修了
(その他)

 

診療実績

〈業績〉


  2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
急性骨髄性白血病 8 10 10 10 15 17 9
骨髄異形成症候群 7 5 1 1 16 13 14
急性リンパ性白血病 5 1 5 1 3 4 4
慢性リンパ性白血病 1 1 2 1   1 0
悪性リンパ腫 38 58 52 58 59 57 67
多発性骨髄腫 19 15 15 8 13 11 8
MGUS 1 2 1 0   2 1
再生不良性貧血 1 0 0 0 2 2 1
慢性骨髄性白血病 1 2 3 0 2 4 4
多血症 2 1 0 0 1 0 0
本態性血小板血症 1 0 0 1 1 5 4
その他骨髄増殖腫瘍 1 1 1 3 0 7 2
溶血性貧血 3 0 0 0 0 1 1
その他貧血 2 0 0 0 0 0 0
特発性血小板減少性紫斑病 9 6 7 3 9 9 7
キャッスルマン病 0 0 0 2 0 0 0
その他 2 0 1 0 0 2 0
合計 101 102 98 88 121 135 122

トップ