診療科・医師紹介

耳鼻咽喉科


診療科について

診療方針

 耳鼻咽喉科疾患全般に対応し診療を行っています。検査や治療は病状を考慮し当院他科や連携している近隣の医療機関と連携して行います。

 

耳鼻咽喉科の特色

 耳鼻咽喉科は聴覚、平衡感覚、嗅覚、味覚などの感覚や摂食、嚥下、音声、言語、呼吸機能に関係する耳、鼻腔、口腔、咽頭、喉頭などに生じる疾患を取り扱う診療科です。中耳炎や副鼻腔炎、扁桃炎などの感染症、喉頭癌などの腫瘍性疾患のほか頸部に生じる耳下腺や顎下腺疾患にも対応しています。

 

対応疾患(主な疾患)

 外耳疾患(耳垢栓塞、外耳炎など)、中耳疾患(急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎など)、内耳疾患(突発性難聴、老人性難聴、メニエール病、前庭神経炎、良性発作性めまい症などめまいを伴う疾患など)、鼻疾患(アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎、嗅覚障害など)、口腔・咽喉頭疾患(口内炎、咽喉頭炎、味覚障害、扁桃炎、咽頭炎、喉頭ポリープなど)、頸部疾患(甲状腺腫、耳下腺炎、顎下腺炎、リンパ腺炎など)、頭頸部腫瘍(副鼻腔炎腫瘍、口腔・咽喉頭腫瘍、甲状腺腫瘍など)。

 

〈外来診療〉治療

 通常の耳鼻咽喉科的診療のほか必要な場合にはレントゲン検査や聴力検査、血液検査を行い、鼻やのど(咽喉頭)の症状がある場合にはファイバースコープを用いた検査(内視鏡検査)を多用しています。頸部疾患(甲状腺、耳下腺、唾液腺、リンパ節腫脹など)にはエコー検査を行い、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合にはアプノモニターを施行しています。またCT検査やMRI検査などの画像検査も必要に応じて施行しています。
外来での治療は保存的治療が中心であり、薬物療法のほか耳や鼻の疾患に対しては局所の処置を行っています。手術療法が必要な場合や悪性腫瘍が疑われ場合には、必要に応じ連携している近隣の病院に更なる精査および加療を依頼し対応していますが、甲状腺癌が疑われる場合は当院外科とも連携し、検査(穿刺吸引細胞診など)を行い、治療にも対応しています。

 

〈入院診療〉治療 

 急性炎症性疾患(急性扁桃炎、急性咽喉頭炎など)で食事ができない場合や内服による薬物療法で十分な効果が得られない可能性が高い場合は、入院の上抗菌薬の投与を行っています。突発性難聴の治療は原則入院、内耳性めまい(メニエール病や前庭神経炎など)の急性期で通院治療が困難な場合は入院の上、薬物療法を行っています。
患者さまの状態によっては、連携している病院に入院治療を依頼し対応させていただくことがあります。

 

実施可能検査

聴力検査、チンパノメトリー、耳小骨筋反射検査、ABR
中耳ファイバー、静脈性嗅覚検査、鼻咽腔ファイバー、喉頭ファイバー、CT、MRI、頸部超音波検査(エコー)、終夜睡眠ポリグラフィー(携帯型:アプノモニター)

 

医師紹介

耳鼻咽喉科 担当医師

氏名
カタオカ シンゴ
片岡 真吾  
(耳鼻咽喉科部長)

PROFILE
地域医療に貢献できるよう努力します。
専門
耳鼻咽喉科・頭頸部外科

出身大学

島根医科大学
卒年 S.57年
専門医など

日本耳鼻咽喉科学会専門医・専門研修指導医・補聴器相談医
日本気管食道科学会認定気管食道専門医
緩和ケア研修会修了

(その他)
臨床研修指導医養成講習会修了者
三重大学医学部臨床准教授
島根大学医学部臨床教授

 

トップ