診療科・医師紹介

泌尿器科


診療科について

診療方針

 最も広く認められている最新の医療を心がけ、他科及び地域医療機関との連携を図り地域に根ざした医療を目指します。

 

診療科の特色

高齢化社会を迎え、泌尿器科疾患治療へのニーズが多様化しているなか、当科では、高い治療効果を安全におこなえるよう低侵襲治療を目指し、腎尿路結石治療に対してレーザー内視鏡治療、前立腺癌治療に対する放射線療法、浸潤性膀胱癌に対する各種尿路変更、腎・尿管癌に対する鏡視下手術などを行っています。また、院内の専門看護師、薬剤師、管理栄養士、放射線科医、放射線治療医、放射線治療技師との連携による多職種参加型治療の形態を確立し、外部の小児泌尿器科医、女性泌尿器科医などの専門医と連絡をとり、中南勢地区にお住まいの方により専門性の高い治療の提供を目指していきたいと考えています。

 

 

〈対応疾患〉(主な疾患)

副腎腫瘍 、腎細胞癌 、腎盂癌 、尿管癌 、膀胱癌 、前立腺癌 、尿道癌 、陰茎癌 、精巣癌 、腎結石、尿管結石、膀胱結石 、腎盂尿管移行部狭窄 、膀胱尿管移行部狭窄 、膀胱尿管逆流症 、前立腺肥大症 、腎盂腎炎 、膀胱炎 、前立腺炎 、精巣上体炎 、尿道炎、停留性巣 、陰嚢水腫、精索静脈瘤、真性包茎

〈外来診療〉治療

外来は、初診・再診の2診体制で行い、膀胱ファイバースコピー・腹部エコー・前立腺エコー・尿流動態検査などの泌尿器科的検査を中心に診療を行っています。具体的には血尿、尿を我慢できない、尿を出す時に痛むなどの排尿の症状、男性性器の痛みや腫れ、結石による腰の痛みなどで来院されることが多いです。また、前立腺癌の標準的放射線治療である強度変調放射線治療(IMRT)も積極的に行っており、通院治療が可能です。なお、症状が出にくい病気も多く、近隣の医療機関から副腎、腎臓、膀胱、前立腺に腫瘍を疑われて紹介される患者さまの対応も行っています。

 

 

〈入院診療〉治療

 主に、精密検査、手術治療を中心に行っています。手術は月曜日・水曜日・金曜日に行い、衝撃波結石破砕装置による結石治療は主に木曜日に行います。クリニカルパスを取り入れ、標準的な医療を提供しています。

 

〈実施可能検査〉

膀胱ファイバースコピー 、腹部エコー 、前立腺エコー 、尿流動態検査 、膀胱内圧測定 、尿道括約筋筋電図、腎レノグラム、逆行性腎盂造影、尿管ファイバースコピー、各種レントゲン検査

 

〈実施可能手術〉

腎摘出術、腎部分切除、腎盂形成術、腎瘻造設術、腎尿管摘除術、経皮・経尿道同時内視鏡結石手術(ECIRS)、経皮的腎結石破砕術(PNL) 、後腹膜鏡下腎摘除術 、膀胱尿管新吻合、経尿道的尿管結石破砕術(TUL)、膀胱全摘除術(回腸導管、回腸新導管あるいは尿管皮膚瘻造設)、経尿道的膀胱腫瘍切除術、膀胱砕石術、膀胱瘻造設、経尿道的前立腺切除術、前立腺全摘除術、精索静脈瘤結紮術(顕微鏡下)、包茎環状切開、精巣摘除術、精巣上体切除術、後腹膜腫瘍摘出術、後腹膜生検、精索水瘤根治術、陰嚢水腫根治術、体外衝撃波結石破砕術、動静脈シャント形成術、グラフト使用動静脈シャント形成術、 経皮的シャント狭窄部拡張術(VAIVT)、膀胱水圧拡張療法

 

 

医師紹介

泌尿器科 担当医師

氏名
オタニ タケシ
雄谷 剛士
(診療部長)

PROFILE
手術のみならず、放射線化学療法と連動した泌尿器がん治療を行っています。
専門
泌尿器癌
排尿障害、腹腔鏡治療


出身大学
奈良県立医科大学
卒年 H.3年
専門医など

日本透析医学会認定医・指導医
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修会修了

(その他)
臨床研修指導医養成講習会修了者

 
氏名
タカダ サトシ
高田 聡
(泌尿器科医長)

PROFILE
患者さまに寄り添った医療を目指します。
宜しくお願いいたします。
専門
泌尿器一般

出身大学
奈良県立医科大学
卒年 H.12年

専門医など
日本泌尿器科学会専門医・指導医
緩和ケア研修会終了

(その他)
臨床研修指導医養成講習会修了者

 
氏名
クワダ マサオミ
桑田 真臣
(泌尿器科医長)

PROFILE
地域のみなさまに信頼されるドクターを目指して頑張ります。
専門
泌尿器一般、泌尿器腫瘍学

出身大学
奈良県立医科大学
卒年 H.17年

専門医など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修会修了

(その他)
臨床研修指導医養成講習会修了者

 
氏名
マルヤマ ヨシオ
丸山 良夫
(医師)

PROFILE
山登り

専門
泌尿器科癌
腎性骨異栄養症


出身大学
奈良県立医科大学
卒年 S.51年
専門医など
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本腎臓学会認定医・指導医
日本透析医学会認定医・指導医

診療実績

〈診療成績〉

主要術式 2013 2014 2015 2016 2017
腫瘍関連          
根治的腎摘除術(開腹) 5 5 4 5 3
根治的腎摘除術(腹腔鏡下) 2 1 2 2 5
腎部分切除術 7 9 5 0 6
腎尿管全摘除術(開腹) 3 4 3 4 1
後腹膜鏡下腎尿管全摘除術 1 4 3 4 2
膀胱悪性腫瘍手術(全摘)(回腸導管) 4 1 0 3 1
膀胱悪性腫瘍手術(全摘)(尿管皮膚瘻) 2 1 2 1 2
経尿道的膀胱腫瘍切除術 【TUR-BT】 61 64 74 78 65
高位精巣摘除術 1 0 0 1 0
経会陰前立腺針生検 14 21 19 35 6
経直腸前立腺針生検 143 112 78 68 89
根治的前立腺全摘除術 7 9 4 4 0
前立腺がん放射線治療 38 39 42 37 33
結石関連          
体外衝撃波砕石術 【ESWL】 200 223 227 150 100
経皮的腎砕石術 【miniPNL】 5 5 1 1 1
経尿道的尿路結石除去術 【TUL】 48 54 39 44 74
膀胱砕石術 17 13 8 13 13
小児関連          
停留精巣固定術 1 0 3 1 3
排尿障害          
経尿道的前立腺手術 【TUR-P】 15 9 11 9 10
膀胱水圧拡張術 3 1 2 1 1
腎不全関連          
内シャント造設術 67 77 60 54 62
経皮的シャント血管形成術 【VAIVT】 10 6 15 22 28
その他          
精索静脈瘤手術(マイクロ下) 1 1 0 1 0
腹腔鏡下腎盂形成術 0 0 2 1 0

トップ