部門紹介

薬剤部

スタッフ

技術部長 福永 浩也
主任 4名
他薬剤師 15名
パート薬剤師 2名
事務員 4名
 

 

薬剤部の基本理念

「我々薬剤師は、チーム医療に貢献するため、
医薬品の有効性と安全性を考慮し、
患者さまの立場にたった医薬品の適正使用を通じて能動的、
創造的な薬剤業務を提供します。」

 

薬剤部の業務

●調剤業務
調剤は薬剤師の根幹を成す業務であり、処方箋通りに調剤するだけでなく、調剤する前に薬学的チェックを行い、適正使用の情報提供を行うことを心がけている。

●注射剤調剤
注射処方箋に基づき薬学的チェックを行った後、患者さま毎にセットし、病棟へ搬送する。TPN製剤については原則薬剤部にて無菌調製している。

●医薬品情報管理
院内の医薬品の情報源として、製薬会社、厚生労働省、各種文献、書籍等から情報を収集し、院内外へ情報提供を行っている。

●病棟薬剤業務
持参薬、常用薬等の情報収集を行い、カンファレンスや回診等によりチーム医療の中で情報を共有し、処方設計、投与計画等、薬剤適正使用を実践している。
また、病棟における薬品の管理を行っている。

●薬剤管理指導業務
患者さまのベッドサイドでの服薬指導をベースに、処方チェック、薬歴管理、副作用モニタリングを行っている。

●製剤業務
処置薬剤の調製や市販されていない特殊製剤の調製・製剤化に取り組んでいる。

●薬品管理業務
病院内で使用される全ての医薬品、試薬の購入・在庫管理・品質管理を行っている。

●TDM業務
薬物体内動態に大きな個人差がある場合や、食事や併用薬物の影響を受けやすい薬物、有効安全濃度域の狭い薬物の血中濃度を測定し、測定値の薬物動態学的解釈に基づいた用法・用量の適正化を支援する業務を行っている。

●治験支援業務
新GCPを遵守した臨床試験を行うため、治験事務局・治験薬管理室・CRCが院内の治験をスムーズに行うための支援を行っている。

 

トップ